過度に期待しない

逆に、速読に対して大きな期待を抱き過ぎないことです。

速読ができるようになったからといって、それで何もかもこなせるスーパーマンのようになるわけではありません。

でも、便利なツールであることは確かです。

下の項(「速読もひとつの読み方」)でも書きましたが、選択肢を持てるというのは大きいと思います。

例えば何かしらのテーマがあって、自分なりの答えを得たいときに
何冊かの本を読んでいく「シントピック・リーディング」という方法があります。
それらを読んで、内容を統合するようにして答えを導き出していくのです。
複数の著者の考え方や解説に触れていきながら、自分のテーマに関する答えを出すことでより確度・納得度の高いものを得られることが多いのです。

こういうことを短時間で行うには、本や文書を速く読む技術が必要になってきます。


多読というのは、知らず知らずシントピック・リーディングを行っていることになりますね。いろいろな著書の考え方や生き方、知識に触れていくことで、自分のテーマに関する情報が集まり深化していきます。
他人の意見に簡単に左右されない自分の考えが出来ていくのです。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

速読
僕が習得したのはラーニングストラテジー社の『フォトリーディング』です。 (ご存知......
速読もひとつの読み方
速読のコツは、「速読もひとつの読み方である」と知ることです。 速読をマスターして......
速読は身体の使い方【速読のコツ】
速読を身につける秘訣のひとつは、自分の速読に対する捉え方を見直してみることです。......
速読のコツ5
速読をマスターすると読書が楽しくなるという思い込みを捨てることです。 速読は読書......
速読のコツ6
速読により読書が楽になるというのも間違いです。 集中力を要するので、ゆっくりと読......
大人の読書方法
大学受験のとき、国語を勉強して学んだことは「客観的な読み方をすること」でした。 ......
速読の守破離(しゅはり)
速読にも守破離があります。 やり方を教えてもらいマスターした後に、自分なりのスタ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

速読・多読ノウハウ【たくさんの本を読むコツ】:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.tadokuka.com/blog/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。