読書(多読)はするべきか

「本を何千冊・何万冊読んでも、そんな事に意味はない」という人がいます。

それはそれでひとつの意見です。

それを正しいと思い、年に10冊位しか本を読まない人生を歩むのも、それはあなたの自由です。

でも、人生において成功している人はたいていそのようなことは言いません。

「本を読んでも実践しなければ意味はない、でも本はできるだけたくさん読んだほうがいい」とアドバイスします。

環境が許すのであれば、本は何千冊・何万冊も読んだほうがいいと私は思います。

どちらの意見を選択するか、それは人それぞれの感性だと思います。

この世には、いろいろな情報があふれるように存在しています。
相対する、両方の主張・意見があるのです。

「自分がどちらの意見を採用したいか」によって、行動は変わってきます。
私は読書によってはかり知れないほど人生が豊かに、幸せになっていると感じているので、疑いの余地なく多読(読書の習慣)をすすめますが、「自分は他の方法で人生を楽しくするよ」という選択をする人がいた場合、それも正解だと思うのです。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

大人の読書方法
大学受験のとき、国語を勉強して学んだことは「客観的な読み方をすること」でした。 ......
読書を通じて、人生の素晴らしさに気付いていこう
以前このブログで、どんどん恣意的に読んでいくのが大人の読書法だと書きました。 書......
心で読む読書
本の読み方には ・頭で読む ・心で読む の2通りがあります。 頭で読む読書は、知......
読書はおいしい料理。
そこでハタと思い当たったのです。グレープフルーツを食べてビタミンCを摂るのと、......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

速読・多読ノウハウ【たくさんの本を読むコツ】:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.tadokuka.com/blog/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。