本をたくさん読むコツ(その5)

本を長期的にたくさん読んでいくコツは、本にエンターテイメント性を見出すことです。

読書というと、最初は勉強と思って読む人が多いのではないかと思います。

僕もそうで、高校・浪人生の頃は受験勉強のためとに読むという動機が強かったのを覚えています。

大学に入ってから一年目はほとんど読書はしないまま過ごしていました。
二年目の頃から少しずつ自分の将来についての不安のような感覚が出てきて少しずつ本を読むようになり、そのときに運良く面白い本に出会えたのです。

「あ、(本の面白さというのは)こういうことか」と思いました。
一人、面白いと感じる著者が現れたら、その方の本を次から次へと読んでいきます。
その人の提示する世界へ、どんどんと引き込まれていくのです。

小説(フィクション)に限らず、ビジネスや歴史、恋愛本でもそういう著者に出会えました。

感覚的なことですが、他のエンターテイメントと同じだと思います。
映画や音楽、スポーツなど、好きになることにはハマっていくキッカケのようなものがあります。

自分の心の壁を打ち破って、ズンズンと入ってくる人がたまにいるのです。
それは巡り合わせのようなものかも知れませんが、まったく受身でいるよりも
「できることならばこれを好きになってみたい」
と思って量をこなすようにしていくと、その瞬間が訪れやすいように思います。
(僕が映画やサッカー観戦を好きになったきっかけはそうでした)

好きになりたいな、と思っておく気持ちがあるのとないのとでは
だいぶ違うのかも知れませんね。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

本をたくさん読むコツ(その1)
本をたくさん読むためには、空き時間に読んでいくようにします。 すき間時間を利用す......
すき間時間に読む
すき間時間とは、例えば待ち合わせのときです。 相手から「ちょっと遅れるね」と連絡......
本をたくさん読むコツ(その2)
たくさんの本を読むには、当たり前のことですが、たくさんの本に出会っていかなければ......
本をたくさん読むコツ(その3)
本をたくさん読んでいくためには、読書記録をつけるのもよい方法です。 いつ、どんな......
本をたくさん読むコツ(その4)
本を読もうと思ったら、緊張感を利用することです。 人によって感覚は違うかも知れま......
本をたくさん読むコツ(その6)
たくさん読むコツで大きいのは、 本を読むことのメリットを覚えることです。 記憶す......
読書は人生における走り込みだ。【本をたくさん読むコツ(その7)】
本を読むということは、ある面から見ると 人生における基礎体力作りです。 スポーツ......
継続性を意識する。【本をたくさん読むコツ(その8)】
多読家になるには、長期性・継続性を目指すことです。 時間ができたときにたくさん読......
読む冊数を決める。【本をたくさん読むコツ(その9)】
ある程度自分の読書スピードがわかったら、それをもとに読書する冊数の目標を立てるの......
本をたくさん読むコツ(その10)
多読家になっていくために、(あまり本を読まない自分自身に対して)コンプレックスを......
本をたくさん読むコツ(その11)
多読家になっていくために、知的な香りのする友人を持っておくのもひとつの手です。 ......
大人の読書方法
大学受験のとき、国語を勉強して学んだことは「客観的な読み方をすること」でした。 ......
読書好きになるコツ・秘訣
「数字(数値)自体に意味はない」という考え方もあります。 読書で言えば、いくらた......
購入金額を指標にする(本をたくさん読むコツ その12)
本をたくさん読むには、本を買う金額を指標とするのも一つの手です。 1か月にどれく......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

速読・多読ノウハウ【たくさんの本を読むコツ】:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.tadokuka.com/blog/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。